ブログトップ >> 植物の英語 > 「松」は英語でパイン?「松」と「パイナップル」の関係

「松」は英語でパイン?「松」と「パイナップル」の関係

「松」は、英語で pine と言います。「松の木」は pine tree です。

pine は「パイン」と発音されますが、パインは日本で「パイナップル」を指すことが多いですよね。ややこしいな、と思った方。実は、「松(pine)」と「パイナップル(pineapple)」には、その命名において意外な関係があるのです。

パイナップル pineapple の語源


パイナップルは英語で pineapple と書きます。これ、pine と apple に分けることもできますよね。

pineapple は「松ぼっくりのようなリンゴ」という意味でつけられたという説があります。パイナップル、なんとなく松ぼっくり(松かさ)に似てるので、分からなくもありません。松ぼっくりは英語で pinecone といいます。

ただ、この話は結構深くて、実は pineapple は、イギリス人が最初にパイナップルに出会った前から使われていた語なのです。サイト mental_floss の記事Why Is A Pineapple Called A Pineapple?によると、pineapple はもともと松ぼっくりを指す語だったのだそうです。それが、pineapple がパイナップルを意味するようになってから、混乱を避けるために pinecone という語を作って、これが「松ぼっくり」を指すようになったということです。

ちなみに、pineapple がパイナップルを指すようになったのは1664年のことで、pineapple という語が使われだしたのが1398年ということです。

日本でも「パイン」が「松」を意味することがある


「パイン」は、日本でも「松」を意味することがあります。

木材で「パイン材」というのを聞いたことがありませんか。これは、松の木が使われているからなのです。「パイナップルの木」が使われているからではありません。

松とパイナップルには、意外な関係があったのです。

参考資料:
Hunt, James, Why Is A Pineapple Called A Pineapple?, mental_floss, 17.12.15, http://mentalfloss.com/uk/language/36944/why-is-a-pineapple-called-a-pineapple
関連記事

広告
広告

プロフィール

管理人:無名の翻訳家

10年以上、翻訳家としてメシを食っています。
翻訳をする傍ら、得た知識を少しでも紹介できたらな、と思ってブログを立ち上げました。

このブログについて

管理画面